アシュラ男爵

2018.06.14 Thursday
岡山県倉敷市の小学生が
卵から育てたカブトムシ、
その中に雌雄両方の特徴を持つ
ものがあったそうよ。
左右半分ずつ雌雄に分かれているみたい。
専門家も今まで標本でしか見たことなくて、
生きている個体は初めてですって。
育てた小学生の男の子は、
たくさんの人に見てもらいたいから
地元の博物館に寄付してくれるんですって。
偉いわね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「館長、例のカブトムシはどこですか?」
「おぉ、木村くんか。
ここにいるよ。見てくれたまえ」
「あ、これですか。角が小さいですね」
「木村くんはこれはオスだと思うかね?
メスだと思うかね?」
「そうですね、角があるのでオスでいいんじゃないですか?」
「そいつが卵を産んだらどうする?」
「そうなればメスですよね。う〜ん、この個体の性別を決めるのは
むずかしいですね。館長、こういうことを「雌雄を決する」っていうんですかね?」
「・・・・・・」


スポンサーサイト

2018.06.21 Thursday


Submit Comment


Trackback URL:

http://otenba-hime.jugem.jp/trackback/12816

RECENT ENTRIES

ARCHIVES





PROFILE

ファイブスタイル

blogram
ブログランキングならblogram

人気ブログランキング

人気ブログランキング

SEARCH


MOBILE
qrcode

OTHERS